【オンライン】2020年6月24日 オンライン A. PDP概論(レジリエンスを高める問題解決の考え方)

¥ 0 税込

研修コード: PDO20-2

※1人1アカウントとなりますので、複数名での受講を希望される場合は、参加をご希望の方それぞれに会員登録をしていただき、ご自身の分をご購入いただくようお願いいたします。
※受講料には、教材費は含まれません。ご希望の方は、こちらよりご購入下さい。


受講するには、インターネットにつながったパソコンが必要です。データ通信量が多いため、職場や自宅からの接続をお勧めします。また、ヘッドセット(イヤホンとマイク)があればご用意ください。



研修は「zoom」というツールを使って行います。

参加申し込みを頂いた方にメールでURLをお送りし、そちらをクリックしてご参加いただきます。

Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザで問題なく使えることができるはずですが、初回はソフトのインストールを求められますので、画面の指示に従ってインストールしてください。

一度インストールすると、以後はリンクをクリックして「コンピューターのオーディオを使用する」を選ぶだけで参加できるようになります。


=========================================
日時:2020年6月24日 10:00~16:00

使用するツール:zoom
講師:平林 慶史(有限会社ノトコード)

※2019年度「PDP概論」研修と概ね同じ内容です。
※詳しい受講方法はメールにてご案内します。

<対象>
主任・副師長以上(参加資格制限なし)
職位別の推奨受講順につきましては、こちらをご参照ください。

<Program>
① 組織マネジメントの担い手として
② 人と組織のレジリエンス
③ 問題解決のプロセス(PDP)
④ PDPのための論理的思考
⑤ PDPデモンストレーション
⑥ 質疑応用
***
<説明>
「困りごと」から始める問題解決フレームワーク「PDP」について概要を学びます。PDP の理解を深めるため、「看護現場をマネジメントすること」に立ち返り、看護師が前向きに働き続けられる職場を作るための考え方にも触れます。レジリエンス、論理的思考、PDPの展開等について講義で学んだのち、他施設の管理者と体験グループワークを行います。
主任・副師長などの最前線のマネジメントに当たる方から、部長・副部長などの支援的に関わる方まで、広く対象としています。

お申込受付は、研修の3日前までとさせていただきます。